時代の変化に耐えうる強度、普遍的な美しさ

天然の粘土を原料とする限りなく自然に近い素材、煉瓦。その素朴さ、温もり、風格、色鮮やかな表情は、時代の変化に流されることのない美しさのスタンダードであり、紀元前から人類の歴史と共にある世界最古の建材として愛されてきました。高い技術力で製造したLAERAの千年煉瓦は硬質で耐久性に優れ、長い年月を経ることで、より際立つ唯一無二の表情をみせます。そして、人々が心惹かれるここにしかない風景を創造することでしょう。

LAERAの煉瓦とは

明治時代から紡いだ
歴史と継承される職人技

LAERAの千年煉瓦は、業界トップクラスの実績と日本最古の歴史を誇る信頼の煉瓦です。明治時代から120年以上に渡り積み上げた歴史と、代々職人たちにより継承された技術力で、確かな品質をお約束します。

LAERAの煉瓦とは

次世代に
求められる煉瓦の探求

シンプルだからこそ奥が深い煉瓦の持つ可能性。伝統を守るだけではなく今までにない新しい煉瓦を追い求め、テクスチャの開発や異素材とのコラボレーションなど、次世代に求められるプロダクトの創造に挑戦しています。

麻の葉煉瓦

通りを着飾る麻の葉模様

煉瓦特有の雰囲気はそのままに、模様が刻む煉瓦の新しい表情。通常の煉瓦はもちろん、幾何学煉瓦に模様を加えて敷き詰めると、パッと華やぐ空間が生まれます。日本古来の文様やオリジナルの模様など発想は自由。いつもは脇役の舗装にスポットライトを当てて、ふたつとない話題のストリートを。

LAERA
LAERA

カット煉瓦

空間を広げるカットライン

端部のカット煉瓦からはじまる斜めラインの煉瓦舗装。不思議と空間に広がりが生まれ、いつもの舗装の見え方が変わります。45度傾けた「四半張り」は、古来より特別な場所に用いられてきた舗装パターンでもあります。お馴染みの煉瓦舗装に加えるささやかなアイデアで、おもてなしの空間を。

LAERA
LAERA
馬張り 四半張り
LAERA
あじろ張り 四半張り
LAERA
矢はず張り

NEXT PRODUCT:透水性煉瓦「環境×デザイン」でアップデートする次世代煉瓦舗装

COMING SOON…

表現自在のラインナップ

形状・カラー・テクスチャ・パターンの組み合わせによる煉瓦の表現は無限大。想い描いたデザインを実現させる煉瓦が、きっとここにはあります。敷きと積みはもちろん、タイルタイプや役物など様々なシチュエーションでお使いいただける煉瓦を取りそろえております。
下記のラインナップ以外でもあらゆることにご対応いたしますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

LAERA
カタログPDFをダウンロード

オーダーメイド対応

歴史的建造物の修理・保存・復元での使用や風変わりな役物など、ほかにない煉瓦をお探しであれば、LAERAにご相談ください。熟練の職人技と万全のサポート体制で、お客様の想いを実現させる煉瓦をご用意いたします。

オーダーメイド加工一覧

一貫した生産体制

変化しやすい天然原料で製造する煉瓦は、きめ細やかな製造管理が必要です。かつてはすべての工程が手作業で行われていましたが、100年程前に機械が導入されて技法そのものが大きく変わりました。時代と環境に即した製造体制を柔軟に整え、現在LAERAでは原料の採掘から出荷まで一貫した生産体制を取ることにより、責任ある煉瓦製造を行っています。機械設備による安定した生産量と、均質な煉瓦を製造する技術を継承した熟練工の力で、お客様のあらゆるご要望にお応えします。

生産工程を知る PDF

参考断面構成

煉瓦舗装の強度は路盤構成にほぼ依存するため、適切な設計をすることが重要です。
標準的な断面構成につきましては、以下の図をご参照ください。

断面構成を知る PDF

導入事例

土を原料とする煉瓦は草木や青空によく馴染み、街並みの調和を図ることができます。煉瓦の最大の魅力は、味わいのある自然な焼きムラ。並べるだけで豊かな表情を生み、歳月を経ることでますます美しさと風格をまといます。高温焼成の焼物なので変色、褐色など経年変化も少なく長期に渡り意匠が保たれます。

LAERA

野蒜水門/宮城県東松島市納入:2017年2月

LAERA

シーパルピア女川/宮城県牡鹿郡納入:2016年2月

LAERA

大手前通り/兵庫県神戸市納入:2020年3月

LAERA

深谷市役所/埼玉県深谷市納入:2020年3月

LAERA

豊洲市場/東京都江東区納入:2018年9月

お問い合わせ

千年煉瓦に関するご相談、
ご依頼、お見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。

03-5246-4896
電話受付時間:土、日、祝日を除く
平日9:00~12:00 13:00~17:00
FAX 03-5246-4846
info@laera.jp