土系舗装でよみがえる、
日本の原風景

土舗装の温もり、風格、素朴、懐かしさ。
日本の原風景は、土のある風景とともにあります。

道は、かつて人のための空間でした。
車輪が発明され、路面は強く平滑であることが最重要となり、
次第に消えゆく土舗装の風景に代わり、
路地にまで張り巡らされたアスファルト舗装。
道は、いつしか車のための空間に。

人が歩く風景を、在るべき姿へ。
天然素材の真砂土をベースとした真砂土塗布薄層舗装「常陸」は、
アスファルト舗装を土系舗装へと変貌させます。
いつもの歩行空間をやさしい風合いに変え、
小路を歩くことの喜びを思い起こさせることでしょう。

施工性、工期、メンテナンス、耐久性、コスト。
土系舗装につきまとうあらゆる問題から解放される、かつてない新舗装。
でも、きっとどこかに懐かしさを感じるはずです。

やがて「常陸」が、いつか誰かの原風景に。

常陸

常陸とは

材料と構成

歩行者空間向けの真砂土塗布薄層舗装
雑菌処理済み真砂土と水性樹脂系混和剤を練り混ぜた特殊土を材料とし、アスファルト舗装の表層へ均一に塗布するだけの路盤構成。密粒および開粒アスファルト舗装どちらにも使用可能で、開粒舗装でも透水機能を失わないシンプルな材料と施工方法を採用しています。 ※コンクリート舗装を下地とする場合でも施工可能です。

  • 常陸
  • 常陸

景観の向上

天然素材の真砂土をベースにすることで、土本来の温かく、やわらかな風合いを醸し出します。公園や河川敷の広場や遊歩道、伝統的な建築が立ち並ぶ小路や、ビルの合間にある箱庭の舗装など、人々が集う歩行空間に最適です。慣れ親しんだ土のテクスチャーは日常生活に溶け込み、自然溢れる景観に調和します。

優れた施工性
簡便な維持メンテナンス
低コスト

「常陸」は、従来の土舗装につきまとう様々な問題点を解決します。アスファルト舗装に2mm程度の厚みで吹き付けるのみ。下地舗装と一体化するのでひび割れが起きず、一般的な土舗装のように経年劣化でボロボロと崩れることはありません。舗装の傷みも目立ちにくく、補修が必要な際には容易に復旧が可能。馴染み深い材料と小規模な機材を使用することで、低コスト施工を実現しました。

環境への貢献

従来の土系舗装の弱点を補う施工性の良さ、維持メンテナンスの簡素化、低コストの実現に加え、路面温度上昇の抑制効果がありヒートアイランド現象対策への活用も。既設の舗装にもそのまま施工可能で、古いアスファルト舗装の剥がし替えで生じる産業廃棄物を削減できる工法を採用しています。持続可能な社会への貢献に繋がる、次世代に求められる環境配慮型の土系舗装です。

LINE UP真砂土Mサンド

殺菌処理を施した真砂土のみを使用しています。産地である「常陸国(ひたちのくに)」から命名した土系舗装「常陸」の基本素材。原料の真砂土は東日本の一部地域と西日本各地に広く分布しており、馴染み深い風景を表現出来るアイテムです。

LINE UP真砂土+焼成ホタテ貝殻MHサンド

殺菌処理済みの真砂土をベースに、高温焼成ホタテ貝殻を加えた白系土舗装です。貝殻のリサイクルに貢献すると共に、土系舗装が本来持つ温度抑制とホタテの白さによって、Mサンド以上の路面温度上昇の抑制効果を発揮します。

なぜ
ホタテの貝殻を
つかうのか?

原料には、廃棄物として処理されるホタテの貝殻を資源化して再利用しています。ホタテの貝殻はゴミとして大量に廃棄されており、長年の社会問題となっている一方、ホタテの貝殻を粉砕後に高温で焼成した酸化カルシウムは、化学物質の分解軽減、抗菌・除菌、かびの抑制、消臭効果などの優れた機能を有することで、循環型社会に貢献する資源として注目されています。

施工手順

アスファルト舗装の表面に手を加えるだけなので、大掛かりな機械を使わず低コストに施工できます。養生期間が短いため、長期通行止めの必要もありません。

PDFダウンロード

お問い合わせ

常陸に関するご相談、
ご依頼、お見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。

03-5246-4896
電話受付時間:土、日、祝日を除く
平日9:00~12:00 13:00~17:00
FAX 03-5246-4846
info@laera.jp